澤田 憲和
INTERVIEW.01

澤田 憲和NORIKAZU
SAWADA

生技開発部 円筒グループ

2010年入社

自分の意思が詰まった

革新的な工作機を開発したい

Q.01_仕事内容を教えてください。

製品をつくる工作機の開発・設計

主な業務は、歯車製品をつくる工作機械の開発・設計です。CADを使用した設備の図面作成から始まり、実際の設備を前に機械の評価・解析まで一貫して行っています。「お客様に喜ばれる設備」を提供するべく、現場からの意見の抽出、グループ内での報告や相談など、コミュニケーションはかかせません。工作機械の開発という仕事は簡単ではありませんが、その分自分の仕事に対してプライドを持つことができます。

仕事のやりがいを教えてください

Q.02_仕事のやりがいを教えてください

自分の意思によるモノづくり

機械の構想検討から評価まで行うことができるので、自分の意思を積極的に反映して機械をつくることができる点は技術者としてやりがいを感じます。入社後数年でプロジェクトを任せられることもあり、初めはかなりのプレッシャーでしたが、やり遂げた後の達成感は大きく、自分が携わった製品が搭載された自動車を街中で見かけた時は、誇らしい気持ちになります。

職場の雰囲気を教えてください

Q.03_職場の雰囲気を教えてください

若手社員が多く和やか

所属部署は会社全体で見ても年齢層が低めで、和気あいあいとした雰囲気です。仕事への情熱、こだわりを持った意欲の高い人が多く自分も刺激を受けています。新しいことに取り組んでいるため、壁にぶつかることも多くありますが、助け合って仕事をしています。

Q.04_一日のスケジュールを教えてください

8:00
出社
8:30
グループミーティング・メールチェック
9:30
新設備について取引先と商談
12:00
昼食
13:00
現場へ出向き、設備の評価・調整
14:00
設備評価結果報告のため上司とミーティング
15:00
新開発機の図面作成
18:00
退社

学生の皆さんに
メッセージ

皆さんは今、人生の分岐点に立っているかと思います。将来後悔することがないよう、今自分が何をしたいのか、何に興味があるのか、自分と向き合う時間を大切にしてください。そうすればきっといい未来が待っていると思います!

ENTRYENTRY