ADVANTAGE強み・特長

POINT.01

創業背景

1958年、自動車の国産化に向けたトヨタ自動車の全額出資により豊精密の前身である東洋歯車株式会社が誕生(1967年に豊精密工業株式会社へ改称)。当時、国産自動車の製造を目標としていたトヨタ自動車と互いに知恵を出し合い、難航を極めていた「ハイポイドギヤ歯切り盤の国産化」へ挑戦してきた歴史があります。設立から現在まで、どんな難局にも果敢に挑み、歯車を通じて自動車産業へ貢献しています。

設備から製品まで手掛ける一貫メーカーとして

POINT.02

総合力設備から製品まで手掛ける
一貫メーカーとして

設備から製品まで手掛ける一貫メーカーとして

世界でも数少ない「歯車」に特化した総合メーカーとしてお客様のニーズに応えるべく、設備開発から部品製造までを担う一貫体制を完備。当社で作った設備を実際に部品加工に使用することで常時、改善点の洗い出し、フィードバックが可能に。一貫メーカーであるからこそ、お客様へ自信をもって提案することが可能です。エネルギーの効率利用や自動車の軽量化をかなえるハイポイドギヤ歯切り盤生産に関しては、国内唯一、世界では3社のみの設備メーカーとして高い評価を得ています。

POINT.03

技術力世界に誇れる技術力を目指す

社会的背景やお客様ニーズを原動力に、日々モノづくりの改善を実施。
近年では、当社開発の国産唯一の量産型ハイポイドギヤ歯車研削盤が、独自の技術で新型車の商品力向上に貢献できたことにより、プロジェクト表彰「技術の部」をトヨタ自動車より受賞。日々研究と創造を繰り返し、モノづくりにおいて重要となる「コストダウン」・「環境対応促進」といった面から高い評価をいただきました。歯車伝導のコア技術をもとに、先進技術とモノづくりの力を追求し続ける会社を目指します。

POINT.04

高品質世界で認知される、YUTAKAブランド

歯車は、自動車の走る・曲がる・止まることになくてはならない重要なパーツ。お客様から信頼される技術・製品を提供し続けることが使命となります。グローバル化の進む時代の変化とともに、海外へも輸出を開始。私たちの歯車が世界中で走るトヨタ車とともに活躍しています。グローバル化、多様化の時代を生き抜くため、国内のみならず、全世界のお客様に信頼される品質を日々目指しています。

新たな発展の道を切り開く「人のチカラ」

POINT.05

人材育成新たな発展の道を切り開く
「人のチカラ」

新たな発展の道を切り開く「人のチカラ」

将来の豊精密の基盤となるのは「人のチカラ」。本質的・計画的・ハイスピードをキーワードに社員一人一人が自分の役割と責任を確実に果たしていくことが重要になります。そこで当社は、社員一人一人の個性を活かし、最適な環境のビジネス現場で活躍させるべく、9ヵ月間の充実した新入社員研修を実施。その後も階層別研修、管理職研修など、教育・研修の場を数多く用意し、人材育成に注力しています。今後の豊精密を背負う「人のチカラ」は強みのひとつです。

新入社員研修スケジュールの一例

新入社員研修スケジュールの一例

ENTRYENTRY