ごあいさつ




ごあいさつ

豊精密工業株式会社は、2018年9月をもちまして創立60年を迎えることになりました。
これは、ひとえにお客様をはじめ、関係各位のご支援、ご指導の賜物とお礼申し上げます。

今、自動車業界は100年に一度の大変革期を迎え、未来のモビリティ-社会の創造に各社生き残りをかけた激しい競争の中にいます。
当社もどのように自らのコア技術を生かしていくべきか。従来の延長線上ではない道を模索している最中であり、モノのつくり方、仕事の進め方をブレ-クスル-して対応する必要性を強く感じ、一昨年より「製品を軸とした、新たな豊精密の創生」を掲げて、全社を挙げた取り組みを開始しました。
当社の創立は、「日本人の頭と腕で日本に自動車工業をつくる」「我が国の自動車事業を永久に確立するには、どうしても工作機械製造工業がこれとともに発達しなくてはならない」という豊田喜一郎氏の決心を原点に、「グリ-ソンに勝る歯切リ盤をつくれ」との豊田英二氏、石田退三氏の強い意志を背景として、工作機械の国産化という大きな使命を負ったものでした。
当社が自動車用歯車をつくる工作機械を製造しようと会社を創立した当時、その前途が厳しいものであったことは、疑う余地もありません。

今後の豊精密の歩むべき方向性や会社基盤として盤石にしていかなければならない事柄を見つめ直すことで、豊田章一郎名誉会長より賜りました「創造限りなし」の精神を実現すべく知恵を絞って参りたいと思います。

取締役社長 近藤芳弘
2018年9月25日



ページの先頭へ